読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビロードのように上質な Vieludo

e-Art-histアーシスト〜鮮やかな色彩を紡ぎ出し、上質な人生の羅針盤となるべく〜EARTH=地球人+ART= 芸術人のMOMOJIRIが創り出す 天然石パワーストーンジュエリー・ アート・ ハンドメイド 雑貨作品とケ・セラ・セラなのんびりまったりな ねこロジー的生活とスピリチュアルなお話

占いサイトの無料お試しには 釣られないようご用心めされよ

☆桃尻や <白耳ギャラリー>Vielido☆〜上質な人生の羅針盤〜

     EARTH地球人+ART芸術人〜e-Art-histアーシストのMOMOJIRIです

相変わらず天気が安定せずに、晴れれば日中暑かったり、天気が良くない場合には
寒かったりと、変わりやすいのは女心と秋の空でしょうか?体調管理にはくれぐれも
お気をつけ下さい。

さてさて、本日のお題は先日の電話占いの続きでございます。

vieludo.hatenablog.com

Part1がどんな内容だったのかは☝︎こちらをご覧ください。

一口に電話占いといっても様々だと思われるのですが、前の記事では占いそのものではなく、電話占いサイトでの占い師募集に焦点をあてました。安易に占い師をデビューさせるのはどうなんでしょうか?と個人的な疑問を述べたのですが、今回は、そんな電話占いに関する被害や注意勧告について触れていきましょう。

 

🔮占いサイトの無料お試しには 釣られないよう ご用心🔮

ヤフー知恵袋などにもよく電話占いに関する質問が出ています。中でもやはり無料お試し10分などの謳い文句につられてかけてしまい、ついつい話が長くなったり、占い師に引き伸ばされたりして、時間がオーバーした時の料金発生時の対処法などです。

無料だったらと気軽にかけてはみたものの、10分なんてアッという間です。そうこうしているうちに話が佳境に差し掛かって、そのままズルズル話を続けてしまったり、時間が気になっても、なかなか自分から電話を切れなかったりするうちにタイムオーバー。

本来は、占い師側から有料になる場合には申し出る必要性があるはずなんですが、そこをなんのかんのと無視して有料に持ち込んだりする。それって詐欺じゃね?っていいたくなりますよね〜。敢えて占い師側からは説明をしない。正に確信犯です!

全てのサイトがそんなあこぎな商売をしている訳では決してないでしょう。ですが、
そういういやらしい商売方針の会社が目につくのも事実です。ですから、やはりここは、自己責任・自己防衛の為にも、日頃からどのような場合には、どうすればいいのか?などの対策案を考えておきましょう。

happy-cielo.jp 

☝︎こちらは、いくつか詐欺まがいな報告をネット上でみかけました。どうなのかは、実際に占って貰わないことにはわかりませんが。そのうち突撃レポート的な感じで体験してみたいと思います。

以下は、注意点やトラブル事例などを詳しく説明してくれているサイトですので、
目を通しておくことをオススメします。

🔮悪質な電話占いにご注意! - 電話占い速報

🔮電話占いで相談者をおびえさせ、祈とう料などを払わせた商法を不法行為だとした事例
(消費者問題の判例集)_国民生活センター
 

🔮電話占いの注意点・トラブル事例

わたしからいわせると、かける側(占いを受ける人)から、まず初めに無料時間の確認や、有料になる場合にはちゃんと教えてくれるのかなどは確認すべきでしょう。

日本人によくありがちな傾向として(この場合なら)きっと時間になったら自動で切れるんだろう。とか、有料になる際にはちゃんと教えてくれるんだろう。などの、◯◯してくれるだろう〜的な、希望的観測。を自分勝手に設定している場合が多いように感じます。なんでも相手任せというかね。

ホームページ上に無料10分と書いてあるんだから、よもや無断で有料にはならないよな。とか、相手サイドがちゃんと対処してくれるはずだ。などと、兎に角じぶんの都合の良いように手前勝手に解釈しがちだったりする人。実際に多いんじゃないですか?

勿論、企業側は本来はそうでなければならないはずです。もし仮にタイムオーバーしたところで慌てる必要などないし、料金請求されそうになっても『納得のいく説明がなかった』と正論ぶちかまして断固拒否すればいいのですが、気の弱い人やお人好しさんは、あたふたといいくるめられて、まんまと料金支払ってしまうなどの被害に遭っている人も少なくないでしょう。被害ととるか、仕方ないととるか。どちらにしても、納得がいかない場合には気持ち良く支払いは出来ないものです。

ですから、まずは最初にどのようなシステムになっているのかなどを、キッチリ確認してから占って貰うようにして欲しいものです。そして、あくまでも無料時間内しか受けないのか、占い師さんを気に入った場合には、そのまま有料になってもいいのか?そのあたりのマイルールを決めた上で、トラブルのないようにしたいものですね。

telephonefortune-telling.com

☝︎こちらのサイトがなかなか面白いので、参考にしてみてくださいね。電話占いをこれから受けてみようと思う方は必見です!やっぱり同じように考える人がいるので、こうしたサイトで比較検証しながら、自分にとっての信頼できる占い師さんを見つけるのも良いのではないかと思います。

 

おわりに                      

実は、この電話占いの記事を書いている最中に憶いだしたことがあるので、その件に沿って話しを進めましょう。

昨年お世話になっている企業経営者の方から紹介された人が、電話占いにハマってしまい、お金をどんどんつぎ込んでしまっているので、どうしたらいいでしょう。といったご相談を受けました。

内容を伺っていると、どうもオプション的なことをやたらとすすめられて、その度に別料金がかかるというものなので、これこれこうしたらどうでしょうか?的な、私なりの提案をしました。

<本来クライアント様の声以外で、こうしたことを話すのは守秘義務の立場から見ればNGだと感じますが、性別も、どこの誰かも特定出来ないと判断できますので、敢えて例題として話しをいたします>

その結果、直接会ってお話を伺うことになり、私が出張でお宅訪問することになったのですが、予定を何度も変えられて、挙げ句の果てには、やっぱり辞めます。といった流れになりました。

途中、出張相談はいいので、パワーストーンだけ創って欲しいということになり、本人の近影写真をメールで送っていただきましたが、その画像を見た時に、あぁ、この話はみんな流れるなぁ。と感じたので、やはりそのようになりました。

大天使ラファエロのオラクルカード

結果的にわたしはなんやかやと無料相談に付き合わされたことになるのですが、それはそれで意味があったので善しとしました。わたし的にいうところの、『あぁ、やっぱりね』ということなんですが、相談内容聞いてる最中でも、やはり感じるものなのです。

この人は、いってることがちゃんと届かないな。そう、届かない人は、電話占いなどでは、どんどんお金注ぎ込むことになりえます。何故ならば、聞いているふりをしてますが、ふりだけで、魂がちゃんと聞いてない、理解していないからです。

なので、どんなことをこちらが提案しても、腑に落ちない、腑に落ちないので、同じことを何度も尋ねるでしょうし、そんな自分に不安も感じるため、こうして第三者のお墨付きをもらいたいがために、お金を注ぎ込むことになります。

要は、本当の意味でアドバイスを必要としている訳ではなくて、自分の思っていることに太鼓判を押して貰いたいという感じなのです。ですから、自分の理想通りの答えを得られなければ、占い師ジプシーと化します。

自分自身にどこか不安があるため、相談せずにはいられない。相談して、納得して、自分でそれで良かったと思えるのであればいいんです。いいんですが、こういう方のパターンとしては、その時に納得しても、また時間が経つと不安に駆られるので、相談せずにはいられない。そんな循環が続くことになるでしょう。

そうしてどんどん依存していくことになります。相手があこぎな商売人と化している場合、こうした人が一番のカモとなるわけです。依存性のないリピーター様であれば、それが双方の喜びとなっていますので一番理想的なのですが、依存させて離れられなくなるようにするのは、誠実とは思えません。少なくとも、わたしはそう感じます。

いっとき某芸人さんと占い師の関係性が世間を賑わせましたが、どんな関係も依存心のもとに対等な関係は築けないのではないでしょうか?初めから依存させようと思っている場合、そこには意図的なマウンティング(格付け)が行われています。

ここでは占い師の立場が上で、自分のいうようにしなさい。こうしていればいいのよ。的な、上から目線での教えが発動されます。不安に駆られている人は、いわれたことをそのまま受け入れてしまったり、お金を払っているのだから、損はしたくない(騙されていると思いたくない)などの心理が働き、時として冷静な判断力さえ奪われてしまうことがあります。どこかオカシイと感じても、自分に自信がなかったり不安であれば、その感覚すら信用できずに疑問を感じたりすることでしょう。

本来、そうした感覚こそが大切なはずなのですが、立場の優位性を巧みに利用して、依存心を持たせ、自分はなくてはならない存在なんだと、マインドコントロールしていく。そこには、お互いが本当に必要とする対等な関係性はもはやありません。対等であるということは、お互いがリスペクト出来る関係性だということです。

わたしは、自分が先生と呼ばれるのも、どこかくすぐったいような、恥ずかしいような感じがするので、先生ではなく、桃尻さん、或いは、ももさんでいいですよ。と、クライアント様にはいつもお話ししています。それはどんな関係性に於いても対等でありたいといった気持ちからであり、お互いが必要とされる関係であっても、依存することとは違うといった思いがあるからです。

依存が強くなればなるほど、その人のオリジナリティが損なわれていくことに繋がります自分で考えなくなった時、人はいともたやすく騙されるでしょう。人の話を自分の都合の良いように解釈して、甘い言葉ばかりを信じていれば、どこかでそのしっぺ返しを食らうこともあるのです。『自分は大丈夫』といった確固たる信念の上で、尚いっそう本質を見抜く眼を、日頃から養っていきたいものです。

本来、人は自分で自分を幸せにできるのです分以外の誰かに幸せにしてもらうのではなく、皆が自分自身を幸せに出来ることに気づけば、関わる人もまた、幸せに気づくのです。

占いもスピリチュアルも生きるためのツールです。そのツールを使って、自分らしくオリジナルな人生を歩み、幸せはすでに自分の中にあることに気づくことが出来れば、それこそが魂の望んでいる喜びであると実感出来るでしょう。

魂の喜びに気づけば、いつだって心が満ちたりて幸せでいられるはずです。そしてそれは自分で決められるのですから。自分が幸せだと思えば、その瞬間から幸せなのです。

 

有意義な人生に役立ちますように。

 

 

いつもありがとうございます∞愛と感謝を込めて。