読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビロードのように上質な Vieludo

e-Art-histアーシスト〜鮮やかな色彩を紡ぎ出し、上質な人生の羅針盤となるべく〜EARTH=地球人+ART= 芸術人のMOMOJIRIが創り出す 天然石パワーストーンジュエリー・ アート・ ハンドメイド 雑貨作品とケ・セラ・セラなのんびりまったりな ねこロジー的生活とスピリチュアルなお話

桃の花と菜の花畑の桃源郷

桃の花となの花畑にたたずむ女性は桃尻

東京ではすっかり新緑の季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか?春を満喫しまくっております桃尻です。今年の桜は、なんやかやと開花から長い期間楽しむことが出来ました。

都内でお花見がピークを迎える頃になっても、地元(江戸川)の川っぺりの桜はようとして開花が進まず、ようやく都心の桜が散る頃になって満開の桜が楽しめたという。ほんっと今年はかな〜りロングランでしたね。この時期、ほんとうに日本に生まれてよかったなぁ、と、毎年桜を愛でながらしみじみと感じます。つい先日までは雪山に滑りに行ってたというのにねぇ。

季節の移り変わりの早いことよのぉ。そうこうしてるうちにも、葉桜になった桜はアレヨアレヨという間にすっかり緑色へと様変わりしましたとさ。日本の春に、なくてはならない桜。あって当たり前の桜。今年も美しく咲いてくれてありがとう〜と、いとおしさと、感謝の気持ちでいっぱいになるのでした。来年のお花の時期までまたよろしくね。

    🍑 桃源郷で 桃の花と菜の花畑と 🍑

さてさて前置きが長〜くなりましたが、ここから本題。わたしは先日山梨県笛吹市までお花見に行って参りましたよ〜え、今までさんざ花見のこと書いてたんじゃやないかぇ?いえいえお花見といっても桜ではありません。そう、知る人ぞ知る。笛吹市一帯は、桜の花のあとに桃の花が辺り一面を彩る、桃源郷と呼ばれる桃の里なのです。

わたしは果物大好き人間なのですが、中でもわたしは食べるのなら桃がNO.1で(桃尻なだけに)フレッシュジュースなら苺がNO.1で、桃がその次になるくらい桃が大好き(甲乙つけがたし)もちろん、ありとあらゆる果物好きなんですけど(我家に果物がない日はないといっても過言ではない)その中でも桃は別格別格なんでございますですよ。

そんな桃ラバーは、7月になると同じ農園の直売桃を購入するために(この農園にはニャンコもいるのでなお嬉しす)ドライブがてら毎年必ず勝沼までせっせと出かけるわけなんでございます。当然、現地ではもも、モモ、MOMOの桃三昧。なもんで、なかなか春先に山梨に行くっつうことはなかった訳なんですがね、なんかね、今年はなんとしてでも、満開の桃の花を見に行きたい!と思ってしまったのですよ。えぇ、なんか桃源郷が呼んでいるっていうんですかね。桃の花が満開になるのは4月半ばから後半らすぃ。

そうなるといつ行こうかってことなんですが、笛吹市のホームページをチェックしつつ、行けそうな日のスケジュールを考えて、ようやく出かける運びとなりました。ただ、ピークは既に過ぎてしまっているようだったので、ちょっとどうしようかなぁ。などと、ぎりぎりまで迷いましたけどね。でも天気予報ばりばり晴れなんで、満開過ぎてても花は残ってるやろ。と。

車窓から中央道をの望む風景

その日はゆっくりめに家を出て、首都高〜中央道ドライブと洒落込みました。日曜日の11時出発だったおかげ?か、ほとんど渋滞もなく現地までの道のりもスムーズに。青空と白い雲が快適そのもの。いやぁ〜ドライブはこうでなくっちゃいけやせんね。へへへ。日曜は早い時間の方が混むであろうと予測して、敢えて遅く出発したのが功を奏しました。滑りに行くときはめっちゃ早出しないとなんですが、今の時期は日が長くなっているので多少遅くてなってもなんら問題無し。日曜日は家族連れが早めに動くと踏んで大正解。そんなこんなで、桃源郷へと行ってきましたよん。

笛吹市にある小高い山と市街

11時出発で途中SAで休憩入れても14時前には笛吹市に到着しました。う〜ん、いつもこうだと疲れ知らずでいいですなぁ。まぁ、あたしゃずっと助手席で踏ん反り返ってるだけなんですけどね。(ほらね、あたしゃ運転出来ないんで、それはそれで一応色々と気を使ってるんですよ。居眠りしないようにとかね。色々と)すでにだいぶん花が散っている模様だが、標高の高い場所にはまだちらほらと花が観られるぞよ。花のありそうな場所を目指していざ! 

f:id:MOMOJIRI:20170423132523j:plain

鮮やかなピンクがかわいいですな〜

f:id:MOMOJIRI:20170423133232j:plain

フルーツ街道とは、なんて甘くて美味しそうな響き。左の小山の向こう側に花がある模様。

f:id:MOMOJIRI:20170423134556j:plain

坂を登ってくるとありましたよ桃の花〜向こう側に山と街が見えまする。

f:id:MOMOJIRI:20170423134637j:plain

遠巻きに見えたピンクと黄色の花畑。桃と菜の花が晴れた空にカラフルに映えます。

f:id:MOMOJIRI:20170423135038j:plain

青空にピンクの花びらが気持ちよさげ。

f:id:MOMOJIRI:20170423135130j:plain

桃の花はだいぶ散ってますが、菜の花は盛りだくさん。

f:id:MOMOJIRI:20170423135304j:plain

桃の花をバックに菜の花畑ではしゃぐ桃尻(笑)わーい。

f:id:MOMOJIRI:20170423135335j:plain

菜の花畑で花と同化中。菜の花はけっこう香りがキツイ。。

f:id:MOMOJIRI:20170423135516j:plain

なの花畑から脱出。いや、生まれ出ずる桃尻。ヨッコラショと。

f:id:MOMOJIRI:20170423140109j:plain

小高い山の向こうには、青いお空に白い雲。桃のピンクと菜の花の黄色。のどかやね〜

f:id:MOMOJIRI:20170423140643j:plain

桃農家の方が受粉している様子。受粉すると花が散ってしまうらしいです。

 🍇 フルーツ公園はみどころ満載の穴場スポット🍇

お天気にも恵まれ、気温も高くて汗ばむ陽気の中、桃と菜の花畑でのんびりびり〜と過ごしました。やっぱ来て良かったなり〜さてさてまだ日も高いので、次の目的地へと向かいましょうかね。せっかく山梨まで来たんで、行ったことのない場所へ出掛けませう。

笛吹川フルーツ公園

そんなこんなでここは笛吹川フルーツ公園。駐車場も施設も全て無料ですと。

f:id:MOMOJIRI:20170423153744j:plain

頂上?というか、敷地内で一番見晴らしの良い場所へと、てくてく登っていきましたよ。

f:id:MOMOJIRI:20170423163617j:plain

下にいた時には気づかんかったが、富士山が見えるではあ〜りませんか。

f:id:MOMOJIRI:20170423163936j:plain

ほな雲がかかってるので、雲さんにちょっとどいていただけるようにお願いしましょか。

f:id:MOMOJIRI:20170423164055j:plain

今度は桜の花と遠くに見える富士山を背に。なんかゴルフのキャディさんのようですな(笑)

f:id:MOMOJIRI:20170423164340j:plain

一番見晴らしの良い場所には、富士屋ホテルがあります(右のほう☞)夜になると星が綺麗に見えるらしいのですが、日没まではまだ2時間ほどあるので、星空は次回へと持ち越し。富士屋ホテルに泊まると良さげなので、帰ったらホテルチェックもしときましょうかね。

f:id:MOMOJIRI:20170423164631j:plain

最後にこんなん見つけました〜桃から富士山が生まれとるWww爆。

 

フルーツ公園の中ではほとんど写真撮らなかったので、こちらを参考になさってくださいね。

fuefukigawafp.co.jp

笛吹市は花と果物がいっぱい楽しめます。

fuefuki-syunkan.net

ホテルの公式ホームページに出ている夜景がとっても綺麗です。

<公式サイト>フルーツパーク富士屋ホテル (ベストレート宣言) ―美しいフルーツの丘に建つ―
新宿から90分絶景の富士と夜景 くつろぎの温泉

jp.hotels.com

家族連れや犬の散歩、バイクで来てる人も多かったですね。公園内には季節の花々や、展望レストラン、直売処や足湯までありました。園内はかなり広いのでロードトレインも走っていたり。横溝正史館なんてのもありましたが(ちょっと覗いてみたいような、みたくないような)

f:id:MOMOJIRI:20170427162005j:plain

出展:施設案内|山梨県笛吹川フルーツ公園

晴れた日はむっちゃ気持ちいいので、ぜひっピークまで登りましょう。甲府盆地が広がり、富士山までも広々と見渡せる景色は、身も心もリフレッシュ出来ますよ。山は元気を与えてくれるパワーチャージにはもってこいです。

さぁ〜てと、これにて本日のミッションは無事終了

で・す・が・まだまだ日が高いので、このまま真っ直ぐには帰りませんよ〜むふふふ。

 

ということで撮った画像が思いのほか多かったんで、次回につづきます☞

 

 

帰路は別の道がよろしかろうて。

 

いつもおありがとうございます∞愛と感謝を込めて。