読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビロードのように上質な Vieludo

e-Art-histアーシスト〜鮮やかな色彩を紡ぎ出し、上質な人生の羅針盤となるべく〜EARTH=地球人+ART= 芸術人のMOMOJIRIが創り出す 天然石パワーストーンジュエリー・ アート・ ハンドメイド 雑貨作品とケ・セラ・セラなのんびりまったりな ねこロジー的生活とスピリチュアルなお話

小沼ようすけデビュー15周年記念ライブ 近江楽堂

Yousuke Onuma アート・写真・音楽

小沼ようすけジャムカデュチラシ

☆桃尻や <白耳ギャラリー>Vielido☆〜上質な人生の羅針盤〜

     EARTH地球人+ART芸術人〜e-Art-histアーシストのMOMOJIRIです

                f:id:MOMOJIRI:20161124200119p:plain   f:id:MOMOJIRI:20161124200119p:plain   f:id:MOMOJIRI:20161124200119p:plain

11月の東京に雪が降ったのは実に54年ぶりとのこと。そして積雪があったのは
観測史上初めてだそうな。先日の地震もそうですが、人間がなにかよからぬこと
を企てていると、忘れてはならぬ。とばかりに、なにがしかの現象が起こるよう
に感じます。そうこうしているうちに今年もあとわずか、皆様にとって有意義な
時間が過ごせますように。
 

     🎸小沼ようすけデビュー15周年記念ライブ🎸

11月24日はわたしの敬愛するジャズギタリストの小沼ようすけくんの誕生日です。先だってその小沼くんのデビュー15周年記念ライブに行ってまいりました。

小沼くんのライブはちょっと久しぶりですが、いつものようにTさんと一緒です。今回も予約から何やら全て手配して頂き、わたしは当日現地に行くだけという楽
ちんぶり。Tさんとは仏像ガールがきっかけで懇意にさせていただいているのですが、小沼くんに限らず様々なジャンルの音楽が好きなので、なにかと予定が合えばご一緒しております。でもいつも予約などは任せっきりなので、楽させていただいちゃって申し訳ありません。本当にいつもありがとうございます。

さて今回のライブは、デビュー15周年という節目にあたる記念すべきライブです。

東京オペラシティにある近江楽堂という、教会のような小さなホールで生音ライブが行われました。今までにはない試みで、厳かで優しいエネルギーに包まれていたホールは、やはりどこか通常のライブ会場とは違った表情を覗かせていました。

www.oumigakudou.com

最初はなぜ15周年ライブをこの場に選んだのかしらん?と、わたしなりに考えたりしたのですが(小沼くんってキリスト教だったりしたっけ???などなど)
通常のJAZZライブだと、お酒や食事を楽しみながらのスタンスがほとんどなのでフランクかつ自由なグルーブ感があって、それこそがJAZZっぽいともいえるのですが、この日の会場は椅子が整然と並べられていて、しっかりと音楽を聴きに行く
環境とスタイル。会場の印象はJAZZのライブが始まる雰囲気ではありません。

近江楽堂天井

小沼くんがさり気なく登場し演奏が始まると、ギターの奏でる優しく心地よい生音の世界に、すんなりと引き込まれていきました。そして小沼くん本人がいっていたのですが、いつも自分の部屋で弾いているような音を目の前で体感して欲しくて、完全な生音ライブが出来る環境を探してここに決めました。とのこと。この場を選んだこの日の試みは、やはりこの会場ありきなのだと改めて納得しました。

近江楽堂ホール内

ギターと椅子の置かれた近江楽堂ホール

写真だけ見ると、JAZZではなくクラッシックのミニコンサートのようですよね。会場の雰囲気にふさわしく、スタートは小沼くんのソロギターで奏でられるリクエストナンバーの数々でした。いつものライブの時よりも、ふんわりと柔らかく、とても癒しのエネルギーに包まれました。その後ゲストを迎えてのアコースティックなセッションへと続いてゆく二部構成で、いつしか静から動へと明るいパッションのエナジーに会場全体が包まれて行きました。

f:id:MOMOJIRI:20161124225816j:plain

  🎸ゲストは多彩な 3人のイケメンミュージシャン🎸

ゲスト3人のメンバーは、それぞれ才能に溢れていてカッコよくてステキでした。

Kai Petite(bgt,voice)さんオレゴン産のギター「ブリードラブ」の低音弦にベースの弦を張り、変則チューニングでカッコいいグルーヴを表現する方です。この日はセッションならではの演奏と艶のある美声を聴かせてくれました。その容姿と相まって、どこか異国の地に誘われていくような感覚でした。

kaipetite.exblog.jp

石塚隆充(g,cante,palma)さんはカンタオール(フラメンコの歌い手)さんです。
ジャズミュージシャンと積極的にセッションをしたり、フラメンコを日本語で歌うなどの様々な活動をしている方です。ギターをパーカッションのように扱いながらのヴォーカルは、やはりフラメンコのパッション!スペインのセビリアで観たフラメンコショーを彷彿とさせる情熱的な演奏に自然と身体がリズムを刻み、手拍子も次第にエキサイティングに。
 
Joe Powers(harm)さんは、小沼くんとよく共演しているハーモニカプレイヤーさんですが、以前本八幡のランチライブで鑑賞したことがあり、久しぶりな感じがしました。本当に吹いてるのかしらん?と思ってしまうように、ハーモニカが自由自在に音を奏でます。吸ったり吐いたりしてるように見えないのに、あの演奏は本当に凄い!ユーモアもあって、会場内を笑いに包むハーモニカの貴公子!。

Mr.パーフェクト?だったかな??小沼くんの前の作品「ジャム カ」では偶然レコーディングをしていたニューヨークに滞在していたので、名曲「flyway」の収録に参加。今回の新作「ジャム カ デュ」でも、レコーディングしていたパリにたまたまオフで滞在中!レコーディングに参加してもらったそうです。演奏もパーフェクト!縁のある人って、こういうことがほんとによくあるので面白いですよね。

www.joepowers.com

それぞれの個性が重なりあって、演奏が進むほどに静から動へ。そしてステージと会場が一体となってフィニッシュを迎えたのでした。アンコールもメンバーたちとの演奏でしたが、個人的にはもう1曲だけ、小沼くんの生音源のギタソローをラストに聴きたかったですね。

f:id:MOMOJIRI:20161124230506j:plain

 
🎸デビュー15周年おめでとう!あの頃君は若かった🎸
 
もう、何度となく彼の演奏を間近で聴いてきているのですが、PAには繋がずに、
本当の意味での生音源・生演奏のギターの音は、改めて木の温もりのようなあた
たかさを感じました。
 
わたしはギターとピアノのソロ演奏がとても好きなので、ギターはあたたかくて、ピアノはひんやりしている。とその音色を自分なりに表現しているのですが、
ギターの音色は、寄せては返すさざ波のようであったり、森の中の木漏れ日のよ
うに、暖たかな日差しのようであったり、どこか日の光を連想させる色合い
 
そして、ピアノはひんやりとした質感を伴いながらも、その冷たさは決して突き放したものではなく、吐息が白く凍てつく寒さの中にいながらも、晴天の日の、
それは美しい雪山の景色のような、或いは醒めた月夜の光の持つ、ひんやりとした質感の色合い
を感じるのです。

 
これはわたし個人の感覚ではあるのだけれど。わたしは小沼くんがデビューする
前から本人自身ともお付き合いがあった関係で(現在は、住んでる場所や環境が
違うのと、わたしも個人で事業をしているため、わたしが古くからの一ファンと
いうスタンスの付き合い)ではりますが、それでもいつもライブに行くと、
『久しぶり〜』とちゃんと挨拶を交わしながら、近況の話などをしています。
 
ココだけの話、デビュー前の彼の演奏やプライベートでもちょっと遊んでいた
こともあるので、その頃から変わらない人懐っこい笑顔や優しい人柄もずっと
知っっているのです。
 
だから、彼の演奏は自由でお洒落なグルーブ感を纏っていながらも、サーフィン
を始め、湘南に移り住んだことによってプラスされた自然の持つエナジーが、
それまでの作品やその容姿からも見受けられた、貴公子然(都会的な)とした
ものから、よりナチュラルな流れとなって、波と戯れるかのような自然さを
以って、彼の紡ぎ出す作品に映し出されいっているように感じていました。
 
正直デビュー前〜デビュー後しばらくの彼は、今よりもナイーブな感じの色白な
イケメンくん(美青年)だったので、個人的にはその頃の容姿がお気に入りだっ
たといえますが(笑)音楽性に関しては、やはり現在の彼のベースとなっている
海やサーフィンといった、日常にある身近な自然からのギフトが随所にちりばめ
られた作品たちが、わたしもとても好きなのです。
 
特に、最近ではフラメンコや、その他の多国籍な音楽&様々なミュージシャンたちにインスパイヤされながらも、小沼ようすけの持つナチュラルで温もりのある音楽性がより広がりを見せているように感じます。
 
クリエイティブな活動をする上で、どういった方向性に進んで行くのかのひとつのカタチとして、やはり出逢ったモノやコト。そしてヒトからは、確実になにがしかの影響があるでしょうから。
 
今後彼がどのように新しい表情を持った作品を世に送り出し、尚且つその類稀な
る才能&演奏で魅せてくれるのか、ますますもって楽しみな限りです。

Yosuke Onuma official web site


デビュー15周年おめでとうございます。
 

小沼ようすけ氏サインの様子

ライブ後に笑顔でひとりひとりにサインを書きながら丁寧に話す小沼くん。皆さんもぜひ彼のナチュラルなギターの音色に癒され、そして元気を貰ってくださいね。
 
 
新レーベルによる新たなるスタートを祝して。
 
 
 
See You〜
 
 
 
一足早いクリスマスツリーとともに。

f:id:MOMOJIRI:20161121221005j:plain

 
ありがとうございます∞愛と感謝を込めて。
 
 
 

   🎸こちらも合わせてご覧くださいね 🎸

vieludo.hatenablog.com 

vieludo.hatenablog.com